スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然温泉 華の湯

羽曳野市にある源泉掛け流しがウリのスーパー銭湯。
といっても、本当に源泉掛け流しを楽しむためのスーパー銭湯です。
だからスーパー銭湯好きにはかなり物足りない場所かも。

温泉好きが来るスーパー銭湯と聞き、ずっと気になってたから先日山乃湯へ行く前に寄ってみた。

行って納得。湧出量がかなり豊富なようで、殆どの浴槽が温泉だった。
色はうすい褐色の泥色で、ぬめりはないが独特の温泉臭がしてかなり気持ちよかった。
なんか、ずーっと浸かっていられる湯。
内湯は白湯と源泉があり、内湯の源泉は循環だそうで少し色が薄かった。
露天の浴槽は掛け流しで気持ちよくってもうどうしようって感じ。
泉質はナトリウム・カルシウム塩化物温泉だそうだけど、酸化後のにごりは温泉気分が高まってよかですw
そんなに広くないのに落ち着く感じがよろしい。

マナーの悪い客もおらず、いい具合にのんびりできました。
ただ、サウナは微妙。
岩塩サウナとタワーサウナがあったけど、岩塩のほうはタワーサウナの余熱だけなので、お風呂より少し温度が低く感じた。
サウナというより、岩塩がいっぱいの部屋って感じでww
タワーサウナはきっちりした温度だったけど。
少し勿体無く感じました。

一番気になったのは客が少ないこと。
休日にもかかわらず・・・・延羽とかあるし、そっちにお客を取られてるのかもなあ。
いい湯だから集客能力を上げるだけじゃなく付随設備も考えたらいいのに。
私は食事施設は求めてないけど、家族連れはやはりそちらへ流れるんでしょうね。
泉質が気に入っただけに残念&経営が心配になりました。

参考URL→http://www.onsen-hananoyu.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

極楽湯 吹田店

大阪のJR岸部駅前にあるスーパー銭湯。
近所に無制限の岩盤浴はないかと探して見つけて、とりあえずヤフーのクーポンを使って行ってみた。

設備は新しくもなく古くもなく。
まあまあ手入れされて清潔感はありました。
わりと研究してるようで、浴室からの足拭きマットは毛足が長く濡れたまま脱衣場へ行く人がいても床が濡れにくいよう工夫されて、マメに取り替えられる上にかなり広く敷かれており、かなりポイントが高かった。
しかも材質が簡単にびちょびちょにならないからイイ。
っていうか、こんな風に敷けば脱衣場の床を拭きまくらなくてもいいのに、なんで他所のスー銭はしないんだろうw
浴室内でも足元のヌメリが他所より感じられない。
多分、泡が広がらない床の造りのせいだと思われ。
洗い場でも隣に泡がだら~っと広がらない感じが気に入った。

温泉の湯の質は特に特徴は感じられなかった。
湯口からはかなりの熱めの源泉が出てて、手にとるとあっちっちって感じ。
浴槽では感じられなかったけど、湯口の湯は少しぬめりがあり柔らかい肌触りだった。
泉質はナトリウム・カルシウム塩化物温泉だそうで、どっちかっていうとスーパー銭湯の設備のメニューの一つの源泉掛け流しって程度だった。
それより気に入ったのが、人工炭酸のミルキー風呂。
人工炭酸の細かい泡で乳白色になって、なんか個人的にこういうの好きw
源泉風呂より暖まるし、見た目もかわいいv
つぼ湯は・・・壷湯なのに循環されてるようで、入って程なくアソコがヒリヒリしてきて、
驚いて底を見たらメラメラと循環加温された湯が沸きあがってきてた。
ヤケドするっちゅーねん!

で、目当てだった岩盤浴はというと・・・ダメダメだった。。
2種類あって、高温のほうは座るタイプで床からの熱はない。
だからムラなく暖まらないせいで、満足に汗をあけなかった。
私は岩盤浴は暖まるよりも、汗をかく&リラクゼーションを目当てにしてるので、座るタイプは許せないw
もう一つは常温で床だけ暖かいタイプで、ラジウム岩盤と麦飯石岩盤があった。
でも。。。。常温は私には不満w
クーポンのおかげで別料金は300円で済んだからまだいいけど、通常は600円だから通常だと納得できないわ。。。

なので早々に切り上げてまたお風呂で楽しんできました。
お風呂はよかったので。
もし次行くことがあれば岩盤浴はしないと思う。

参考URL→http://www.gokurakuyu.com/suita.html

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

犬鳴山温泉 山乃湯

場所は大阪府泉佐野市にある犬鳴山です。
以前、大変オカルト的恐怖を味わったところ。
昔のダンナと犬鳴山を登る山道にクルマで迷い込み、頂上手前で深いトンネルにぶち当たり、ためらいつつ1メートルほど進んだところで昼間だけどかなり真っ暗になり、ライトをつけたけど見えなくて、ハイビームにしても殆ど先が見えない。
なんだか手で掘った感のあるトンネルの状況に二人揃って悪寒がして一目散に引き換えしたところ。
すんげぇーーー怖かった!!w

しかしその山の麓にすんごい泉質の温泉が湧いていると聞き、行ってきました!
温泉の場所が見つけられず、仕方なく近くの有料駐車場にとめて管理人のおばあちゃんに聞いてみた。
ちょっとかわいいおばあちゃんで、私の祖母の元気な頃に少し似てて懐かしい感じがした。
山乃湯の行き方も丁寧に教えてくれて、「5時過ぎたら帰ってしまうけど、遠くから来て大変だろうけど気をつけて帰ってくださいね」と手を握って言ってくれた。
で、やっぱりおばあちゃんだから話が妙に長いので、適当なところでなんとか切り上げ、いざ温泉へ。
少し歩いたところの崖伝いに階段があり、そこに「山乃湯→」と書かれた小さく古びた看板があった。
階段を降りると、入り口があり、入ると今度は上り階段。上がるとフロントのようなもの(?)がありました。
無人w きょろきょろしてると奥からクリクリ目のおばちゃんが顔を出した。
あのフロントの意味はなんなんだろうか・・・ww
んで、名物の釜飯のことを尋ねると、できる上がるまでに30分くらいかかるしお風呂を上がるのにあわせて作っとくけどどうする?と聞かれたから、じゃあ普通に今から作って下さいと言って風呂場へ行った。
女湯の脱衣場を覗くと、洗面台一つと扉のないロッカーっていうか棚があるだけww
あっさりしすぎやろーと思いつつ、貴重品ロッカーへ貴重品を入れました。
100円ロッカーで有料でした。
浴場へ入ると、5・6メートル×2メートルほどの内湯一つとカランが2つ、シャワーが2つ。
以上ww
まあ、なんと愛想もクソもない簡素な造りで・・・w

掛け湯をしてみると、すげぇぬるぬる!!エッチなローションを混ぜたみたい!(爆)
慌てて体を洗い、いざ浴槽へ。
わずかに白濁し、硫化水素臭がした。
黒い湯の花が舞っており、ぬるぬるの感じが最高♪
内湯の奥が全面ガラス張りの壁で、窓から山並みと終わりかけた紅葉が見え、もう秘湯感満々で温泉好きにはたまらん状況(>_<)
ちなみにシルバーのブレスは変色しなかったから硫黄化合物はほぼなさげ。
カランからは源泉がじゃーじゃー注がれており、そこからはさらに強い温泉の香りがした。
ヌメヌメ感が最高!!冷鉱泉だから蛇口の源泉は冷たく、ちょうどいいので洗面器で取って掛けて水風呂代わりにした。
当然、髪にも思いっきりぶっ掛けておきましたw
楽しんでる途中に釜飯が出来上がることを思い出し、仕方なく上がりました。
濡れた髪のままフロントへ上がると、ちょうど釜飯が出来上がってて、お茶はセルフサービスでした。
濡れた髪のままだったので、おばちゃんがドライヤーを貸してくれました。
ないと思ってたので助かった♪

釜飯は懐かしい昔ながらの田舎の釜飯。
お昼過ぎで、ご飯は食べてなかったのでちょうど良かった。
中途半端に温泉を上がってきたので未堪能のストレスで、もう一度入りなおしw
1時間ほど入浴し、人が増えてきたので上がって、上でおばちゃんと温泉話をした。
ふと、きくらげの佃煮が目に入り、ちょっと珍しいので聞いてみたら、近くのお百姓の奥さんが家で炊いてる物だと言ってた。
なんだかすげーうまそうなので一つお買い上げw
そして下の宿で温泉水をもらえると聞き、喜んでもらいに行ったw
軽く湯冷めをして戻ると、さっきの集団が帰ったようなので、もっかい入って結局営業終了までいたw
帰りにおばちゃんが「これだけうちの温泉を気に入ってくれたなんて嬉しいわ」と喜んでた。
だってすっごくいい湯だったもん。
また行くぞおw

そして駐車場に戻ると、「温泉は如何でしたか?先に帰ってしまい申し訳ありません。どうぞ安全運転でお気をつけてお帰り下さいませ」と書かれたおばあちゃんの手書きのメモがノブに挟まれていて、なんだかすごく嬉しかった。

そういえば昼頃に着いて6時過ぎに帰るまで、ずっとタバコを吸ってなかったことを思い出した。
温泉の気持ちよさはニコチン不足すら忘れさせるようですw
とっても満たされた一日になりました♪

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

楽天風呂 祥福の湯

こちらは岩盤浴がフリータイムだと聞き行ってハマってるところ。
正直、ここの温泉自体は・・・・ですw

私はここの岩盤浴「祥汗房」が好きで行ってます。
二階建てで浴室は1階が温泉と食堂、2階が祥汗房と休憩スペースになっています。
岩盤浴は種類豊富で、ノーマルな岩盤浴室、
砂利&スチームでやや温度が低めの浴室、
岩塩の砂利でやや温度が高めの浴室、
人口雪が降ってくるクールダウン用の浴室、
足湯用のセラミックの砂利の足浴スペース、
床暖房みたいになってる岩のごろ寝スペースで構成され、
隣には座敷のごろ寝スペースが用意されています。
時間は全くの無制限なので、気にせずゆっくりと汗をかけます。
私は急激に体温を下げると気分が悪くなるので、浴室で汗をかいたあと、
喫煙スペースで一服、ごろ寝スペースで半居眠り、
雪の浴室でクールダウンと繰り返し、
岩盤→砂利→岩塩→岩盤の順で楽しんでます。
で、最後の岩盤で5分ほど寝てしまうww

ここの岩盤浴は浴室が男女関係なく出入り自由で、
しかもあまり従業員の巡回もないため、
衛生面は多少気になりますが・・・・格安なので仕方がないです。
ちょくちょく私語も聞こえてくるし、いちゃいちゃしてるカップルもたまにいます。
でも追加料金600円の合計1300円で、
たっぷり岩盤浴を楽しめるんだから文句はないですw
やりたいなら勝手にやってて下さいってカンジでww
きちんとした岩盤浴のショップだとバカ高だし、行きたいけどそんなお金ないし、
でも思う存分岩盤浴で汗をかきたい!という方にはもってこいの場所です。
ただ、砂利の浴室に関しては・・・うつぶせ寝はやめたほうがいいようですw
すみっこにホコリがびっしりあるのが見えるので、仰向け寝で現実逃避するか、
やめとくかしたほうが良いと思われww
ちなみに、岩盤浴では浴室に時計やタイマー的なものは存在しません。
気になる方は自前で砂時計などを持っていきましょう。
私は砂時計を使っています。

1階の温泉浴場のほうは、まあまあ広く、ジャグジーや電気、座湯や座敷の寝湯、
露天には桧風呂と岩風呂、壷湯、温泉の滝と打たせ湯などがあります。
湯の花ではない浮遊物多数。
循環がきちんと機能していないようです。
当然、それだけの浮遊物があれば塩素臭もきつくなり。。。
まるでプール並みのニオイですww
塩素は投入だけではあまりニオイは出ません。
水中のヨゴレや雑菌と結びついて初めてニオイが出るもので、
単に塩素臭がきつい=塩素大量投入ではなく、
それだけ汚れてるということででもあります。。。
それなりの量を入れればそれなりのニオイも出ますがw
これのどこが温泉なのだろうといつも不思議に思うお風呂です。
効能や含有成分表示などもいまのところ見つけられていません。
見落としてるだけかなー。
そんなわけで、ここの魅力は岩盤浴のみと思っています。
お風呂は早々に切り上げっていうか、岩盤浴のために入り、
その後の汗を流すために入るための浴場的位置づけ。

岩盤浴を味わわずだときっとすっごい疑問符が出てしまうだろうスー銭ですw

参考URLhttp://www.syofukunoyu.com/honten/syofuku.html

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。