スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下呂温泉 白鷺の湯

山間の温泉地なのに、なぜか洋風の見た目にまずギョッとしましたw
よくあることなのかもしれませんが・・・
なぜか白亜のヴィーナスの像がある足湯・・・
そぐわないんですけど、なぜですかww
私の下呂温泉のイメージが狂いました・・・

下呂温泉は集中管理で分配してるので基本はどこへ入っても同じ。
噴泉池の野天風呂以外は・・・・
ってゆーかまず無料開放っつっても、いくらなんでもあれは開放的過ぎるやろ!w
開放開放とことん開放♪って感じやん
ちなみに混浴で女性水着可とのことです。
ってことは女がたとえ裸で入っても怒られないみたいです・・・
混浴禁止条例がある兵庫県民にはカルチャーショックですらあります

で、白鷺の湯ですが、階段を昇ったり降りたりと若干せわしない感じでした。
受付は気のいいおばちゃんで、愛想良く入れました。
浴槽は桧造で落ち着いた感じ。
常時源泉投入はあるものの循環です。
そして岐阜県の全ての共同浴場に塩素投入というクソ条例のせいでこちらも塩素が入ってます。
でも循環だからヤツは必要不可欠なのかもしれませんが。。。
無色透明で硫黄の香りがほんのわずかにしていました。
しかしヤツにはばまれ、少し感じる程度。
クソ条例め。

しかし、浴感はさすが日本三名泉。
くせのない湯に若干のツルヌル感、良く温まるのにのぼせにくく、
湯冷めもしないし、お肌がすべすべになった。
湯村ににた感じの温泉です。
こりゃいいやとのんびりまったり浸かっていました。

次来るときは誰か連れて水着着て、野天の噴泉池に挑戦したいなぁ。
一人はさすがに勇気ないし・・・w
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。