スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩素は善か悪か

私、以前は塩素入り温泉と聞くと、
なんだかがっかりしてしまうことがありました。
でも、あることをキッカケに塩素投入は
とても大事なことであることに気付きました。

温泉に混じって塩素臭がする。
という温泉はわりと多いです。とくにスーパー銭湯となると殆どがそうです。

源泉掛け流しで泉質最高!と聞くと温泉好きは多少遠くても行きたくなるものです。
ネットのBBSの口コミやブログ、日帰り温泉の雑誌も多い昨今、一昔前は傾いていた秘湯も今は人でごった返してたりします。
秘湯だ掛け流しだと喜んで入ったものの、わずかな塩素臭を感じ取り、ニセモノだ!嘘つきだ!と騒ぎ立ててる人をちょくちょく見かけます。
塩素=悪と考えてるからなのでしょう。
そういう記事や書き込みを見るたびに、騒ぐ前に少し考えればわかることなのに、なんでだ?と不思議に思います。

銭湯は当然のこと、温泉だって普通は公衆浴場という位置づけのはずです。
そして水道から流れてくる水が何故塩素殺菌されてるか。
答えは殺菌消毒するため。

では何故に温泉に必要なのか。
入浴者数が少ない掛け流しなら殺菌の必要がないのはわかりますが、いくら掛け流しでも同じ浴槽に10数名が同時に入浴していればやばいと思いませんか?
最近はレジオネラ菌に視線が集まってるようですが、人間の体の表面は雑菌まみれです。
浴槽に浸かるたびに雑菌を持ち込んでるのと同じです。
掛け流しの温泉でもその割合が高くなれば、ヤバイ感染症を引き起こす割合も増えます。
掛け流しなら汚れた湯が出て行くからいいじゃないと思うかもしれませんが、新しい湯だけが残るわけではありませんので、掛け流しても無理!って時もあります。
だから塩素殺菌が必要になるわけです。

雑菌まみれで殺菌もされていないお風呂は怖いと思いませんか?
いくら浴槽を磨いて殺菌しても、営業中は次々とヨゴレが持ち込まれていきます。
温泉に入って気持ちいい思いをする以前に、私たちは衛生面での絶対的な安全性を信じて行くわけで、施設側はたとえ前者を多少犠牲にしたとしても後者の信用を反故にすることはできないのです。

いくらドバドバ掛け流されていても浴槽が芋洗い状態じゃ塩素投入は仕方がない。
最近は休日の混む時間帯だけ塩素投入をしている施設もあり、それは仕方がないことだと私は思います。

なにより、いくら気持ちいい気分になったとしても死にたくないですからw
そんなん腹上死と一緒ww
勘弁して欲しいので、必要なとき必要な量の塩素を入れている温泉はむしろ正しい姿勢ではないかなと私は思います。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

乗鞍の湯の花

長野の白骨へ行った時に某お土産屋さんで見つけて購入。
300グラムほどはありそうな量で600円。
乗鞍は酸性硫化水素泉で、硫黄濃度がすごい。
ここの湯の花は、硫黄が酸化して粉になったものだそうです。
だから循環や追い炊き釜の浴槽では使えないらしいけど、
我が家のお風呂にはそんな気の効いた機能はありませんw
タダのワンルームのユニットバスなので迷わず買っちゃった♪

「タオルなどに包んで揉み出してください」
と書いてあったので、タオルやハンカチが硫黄まみれになったらちと困るので、使い捨てのお茶パックを使用しました。

湯の花入りお茶パックを湯船に放り込み、湯を溜めるとお風呂場がいきなり温泉の香りで充満しました。
その辺の入浴剤なんて、バッタもんでごめんなさいと土下座しそうな勢いですw
尼崎のくっさい水道水がいきなり温泉(レプリカ)化しました。
いい具合に白濁して、硫黄の香りがステキ♪
当然塩素臭さなんて影も形もありません。

↓が湯の写真で、アヒルの下がひざ、その周りが湯。
20071121232842.jpg


純粋な湯の花かどうかは不明ですが、一応パッケージには天然湯の花とあります。
信じます。信じる者は救われる♪w
湯冷めもしにくく、いい感じ。
この具合なら上がる前に体に付いた湯の花は落としたほうがよさげなので、軽くシャワーで流してから上がりました。
それでも体からは硫黄の香りがしてます。
かなりイイ(゜∀゜)

今まで湯の花の効能は信用してなかったのですが、
これはスゴイです。たまらんですww
白濁の湯の温泉地へ行った時は必ず湯の花を買おうと決心した一品でした。

湯遊びひろば 戎湯

尼崎市築地本町にあるいわゆる町の銭湯です。
ここはただの銭湯のカオをしながら、当たり前のカオをして源泉掛け流しをしていると聞き、連休の締めに行って来ました。
当然スー銭ではないから、料金も銭湯料金。
それで源泉掛け流し!
カッコエエよ、大将!ってカンジです、ハートあげちゃいます

遠方からの来客も多いらしく、今日は駐車場で京都ナンバーと野田ナンバーを発見。
京都はまだ理解できるけど、野田って千葉やんw
きっと何かのついでなのだろうけどはるばるご苦労様です…w
ついでに寄ったのにすごい銭湯にめぐり合ってさぞ驚いたことでしょう。
(ついでと決め付けw)

前述した通り、源泉掛け流しです。その湯船が二つあり、男女合わせて計4つあるわけです。
湧き出し量が豊富なことがそれだけでわかります。
露天にその手の内容が事細かに書かれた看板がありましたが、あまりに細かいため、殆ど忘れました!ww
ロッカールームには
「加温なし加水なし循環なし!源泉100%です!!」
という張り紙がありました。
源泉を掛け流していれば湯の衛生面は気にする必要はないのだと言わんばかり。
施設自体は新しく、あえてスーパー銭湯にせずに普通の銭湯をしている面からみても、銭湯だからこそできる掛け流しなのかなとも思いました。

で、肝心の湯のほうは、カーキ色の透明で湯の花はなく、水面が少しぎらついていました。
油分を少し含んでるのかな?と思わせるカンジです。
ニオイは鉄っぽい金気臭でした。
かなりの鉄分を含んでるらしく、源泉の湯口付近は鉄色に変色しており、湯船の中のタイルも変色して、元の色がなんだったのかわからないくらい。
ヌルヌル感は殆どないのに湯船の中は滑りやすく、危うく滑って沈みそうになりましたw
一応ジャグジーもありますが白湯が張ってあるためあまり人気はなく、みんな露天と内湯の往復をしてました。

泉質は単純温泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)です。
(肝心なところだけは覚えて帰ってきましたw)
入り口は番台風のフロントで、入浴券の自販機で料金を払います。
別料金のサウナはここで券を買います。
横には小さいお風呂用品があり、ちっこい石鹸が裸のまんま20円で売られていて、いかにも銭湯ってカンジです。
フロント前が休憩スペースになっており、食堂も兼ねてます。
自販機もありますが、食堂では定番の牛乳類と冷しあめが売られていました。
浴場内は、カラン場が17・8個ほど、内湯に白湯のジャグジーと水風呂と源泉風呂、露天に源泉の岩風呂、別料金のサウナ、サウナ用立ちシャワーが一つ。内湯の源泉風呂の一角に電気風呂があります。石鹸シャンプーボディソープ類は一切なし。
ちなみに男女入れ替え制で、左右違うサウナがあります。
塩サウナの時は、番台横の塩を一袋貰います。
泥系の塩やアロエなど種類があって、たっぷり入ってるのにサウナ代240円でついてきます。
脱衣場にはロッカーは無料だけど少し小さめ。パウダースペースのドライヤーは別料金。使わなかったので料金は不明。ポカリの自販機。
銭湯の入り口には源泉がちょろちょろ流れてる場所があります。飲めるかどうかは不明。

 国道43号線の尼崎市内で、西本町交差点(玉江橋筋の交差点)を南へ。少し行って小さな橋を渡ったところで左折。まっすぐ行くと左手に小さな橋がある交差点に出て、そこを南へ右折。すぐ一つ目の信号を右へ。10メートルほどで右側に駐車場、左側に銭湯の建物があります。駐車場は20台?くらい、無料です。

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

浅間温泉 (宿はナイショw)

今年の春先に行きました。
長野というと、私的にはなんやかやといろいろあるところなのですが・・・w
地元民に「偽物があるところだ」などと、宿の予約を入れた後に言われ、テンション下がりまくったのですが。
何のことはない、すんばらしい温泉でした!

旅館のおかみさんに、
「加温も加水もなーんもしてない、温泉そのまんまを湯船に流してるから、日によって熱かったりぬるかったりして、今日はさっき入ったお客様が熱いと仰ってたから好みに応じて水で埋めてくださいね」
と言われ、さらに、
「湯口は源泉だから、備え付けのコップで飲むこともできますよ。24時間出しっぱなしだから、昼間の掃除の時以外はいつでも入れます」
と。
こんなん聞いたらいても立ってもいられませんww
サウナ大好きだけど、それより温泉!!たまりましぇーんww
早速部屋で浴衣に着替え、温泉へ。
私が泊まったのは高級旅館ではないから、お風呂場の豪華さは期待してなかったけど、案の定かなり質素でした(^-^;でも貸切です♪
入ってみると質素な代わりにものすごい素敵な温泉があふれてるーーーー
ヤバイです、これはwウヒョーw
湯の花がちらほらと雪のように湯の中を舞っているのであります
そして塩素とは無縁の温泉の香り。
触ってみるとかなり・・・・ヤケド寸前の熱さw
意を決して足だけ浸けてみたものの、10秒も立たぬうちに降参w仕方がないから水でうめました。
もったいない。。。

体を洗って、湯船も適温になったところで湯船へ。
少しぬるっとしたカンジで、体にまとわりつく湯の花。
至極の時間でした(>_<)
温泉の味は特になし。でも滑らかでまったりとした喉越し。

当然上がる前に髪にもたっぷり掛けて上がりましたw
体中すべてに浅間温泉がしみこんだカンジにww
その日はもう一度温泉に浸かり、翌朝もw
むちゃくちゃいい湯の温泉宿でした。
ただ純粋に温泉を求めるだけならあれが一番最良ではないかなと思われ。
変に循環したりするから塩素が必要になるんであって、新鮮な温泉を常時オーバーフローさせていれば消毒しなくてもいつもキレイなんだし。
実際にそれをするにはそれだけの沸出量も必要になってくるんでしょうけど。。

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

楽天風呂 祥福の湯

こちらは岩盤浴がフリータイムだと聞き行ってハマってるところ。
正直、ここの温泉自体は・・・・ですw

私はここの岩盤浴「祥汗房」が好きで行ってます。
二階建てで浴室は1階が温泉と食堂、2階が祥汗房と休憩スペースになっています。
岩盤浴は種類豊富で、ノーマルな岩盤浴室、
砂利&スチームでやや温度が低めの浴室、
岩塩の砂利でやや温度が高めの浴室、
人口雪が降ってくるクールダウン用の浴室、
足湯用のセラミックの砂利の足浴スペース、
床暖房みたいになってる岩のごろ寝スペースで構成され、
隣には座敷のごろ寝スペースが用意されています。
時間は全くの無制限なので、気にせずゆっくりと汗をかけます。
私は急激に体温を下げると気分が悪くなるので、浴室で汗をかいたあと、
喫煙スペースで一服、ごろ寝スペースで半居眠り、
雪の浴室でクールダウンと繰り返し、
岩盤→砂利→岩塩→岩盤の順で楽しんでます。
で、最後の岩盤で5分ほど寝てしまうww

ここの岩盤浴は浴室が男女関係なく出入り自由で、
しかもあまり従業員の巡回もないため、
衛生面は多少気になりますが・・・・格安なので仕方がないです。
ちょくちょく私語も聞こえてくるし、いちゃいちゃしてるカップルもたまにいます。
でも追加料金600円の合計1300円で、
たっぷり岩盤浴を楽しめるんだから文句はないですw
やりたいなら勝手にやってて下さいってカンジでww
きちんとした岩盤浴のショップだとバカ高だし、行きたいけどそんなお金ないし、
でも思う存分岩盤浴で汗をかきたい!という方にはもってこいの場所です。
ただ、砂利の浴室に関しては・・・うつぶせ寝はやめたほうがいいようですw
すみっこにホコリがびっしりあるのが見えるので、仰向け寝で現実逃避するか、
やめとくかしたほうが良いと思われww
ちなみに、岩盤浴では浴室に時計やタイマー的なものは存在しません。
気になる方は自前で砂時計などを持っていきましょう。
私は砂時計を使っています。

1階の温泉浴場のほうは、まあまあ広く、ジャグジーや電気、座湯や座敷の寝湯、
露天には桧風呂と岩風呂、壷湯、温泉の滝と打たせ湯などがあります。
湯の花ではない浮遊物多数。
循環がきちんと機能していないようです。
当然、それだけの浮遊物があれば塩素臭もきつくなり。。。
まるでプール並みのニオイですww
塩素は投入だけではあまりニオイは出ません。
水中のヨゴレや雑菌と結びついて初めてニオイが出るもので、
単に塩素臭がきつい=塩素大量投入ではなく、
それだけ汚れてるということででもあります。。。
それなりの量を入れればそれなりのニオイも出ますがw
これのどこが温泉なのだろうといつも不思議に思うお風呂です。
効能や含有成分表示などもいまのところ見つけられていません。
見落としてるだけかなー。
そんなわけで、ここの魅力は岩盤浴のみと思っています。
お風呂は早々に切り上げっていうか、岩盤浴のために入り、
その後の汗を流すために入るための浴場的位置づけ。

岩盤浴を味わわずだときっとすっごい疑問符が出てしまうだろうスー銭ですw

参考URLhttp://www.syofukunoyu.com/honten/syofuku.html

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

つかしん温泉 湯の華廊

つかしんはどんどん変わってます。
昔まだ温泉が掘り当てられる前は、明らかに終わった場所な空気プンプンでした。
休日も閑古鳥で、唯一人が集まるのはグンゼのスポーツセンターで、
結局つかしんは倒産、その後西武が買い取り、でも結局採算が取れず撤退し、
どうなるかと思ったらグンゼが見事に温泉を掘り当て、
最盛期の賑わいを取り戻したというドラマのある場所。
私も一時期ここのビーズ屋で働いておりました。閑古鳥の頃ww
それも離婚前後の頃の話で何かと思うところがあり、避けてたような気もします。
でもせっかく近所に温泉があるのに行かないのもなんだか損なので行ってきました。
懐かしい場所はかなり様変わりしてました。
一通り歩き回ってみると、いろいろな工夫や企業努力を感じられ、
敬服いたしましたw

こちらの温泉は「温泉博士」の温泉手形で入浴しました。
入浴料が無料なので、ついでに岩盤浴も。
しかしこの岩盤浴は休憩なしの30分ぶっ通し。
休憩に出たらその後は再入室禁止なので、
貧乏性と意地とで30分頑張ってきましたw
気持ちよかったけどしんどかった。
たぶんリラクゼーション重視のために再入室禁止なんだとは思いますが、
休憩禁止は微妙。。。自分のやり方でできないところです。
お風呂はかなりいい物でした。
露天奥の壷湯と源泉風呂と露天の大きな湯船が源泉です。
塩素注入なしの掛け流しなので空いてる時ならかなり良い気分になれそうです。
ここの源泉は酸化すると色が変わるそうで、壷湯は無色透明、源泉風呂は黄土色、
大きな湯船は赤褐色で、少しづつ色が変わってるのがわかります。
壷湯は源泉一番風呂で温度調節のみ、源泉風呂は加温なし、
大きな湯船は温度調節のみだけど酸化してからのもの。

で、さすが尼崎。
尼崎在住で地元の悪口を書くのはアレですが、あまりも・・・なので、
行く人は理解した上で行かないと気分悪い思いしかできないかも知れません。
ここでは浴場から体を拭いてから上がってくるひとはほぼ皆無に近いです。
みんなしずくを垂らして上がって来ます。
髪が長い人も洗った後、垂らしたまんま入るひとばかり。
湯船にタオルは持ち込み禁止なのにタオルで隠して入る人多数。
ここ、混浴ですか?wとツッコミたくなるw
年季の入ったオバサンは湯船にタオルを持ち込みアソコをゴシゴシ。
源泉一番風呂の壷湯ではいつも場所取りで石の様に腰を据えてるオバサン。
二つしかないから譲り合うしかないのに、そんなサービス精神はない。
運よく私が入ったときは誰もいなく、その壷湯に入れたのですが、
出た途端「空いたでー!」とオバちゃん二人が陣取って、
その後私は岩盤浴へ行き、戻ってもまだいる。
30分ほど空くのを待ってみたけどオバちゃんは場所取りしたまま。
ヘリに外向きに座って喋ってました。
カラン場でも場所取り多数。
いちいち従業員が置かれた私物を専用スペースに移動してた。
手狭なカラン場なのに悠然と立ってシャワーを浴びる人、
泳ぐ子供を見てみぬフリの親、体の泡を半分しか落とさないで湯船に飛び込む人、
使用済みのカラン場は必ずといっていいほどシャワーヘッドが床にあります。
従業員がそれをいちいち直してるのを見て、
ここに来る人はそれもサービスと思ってるのかなあと
クビを傾げてしまいたくなりました。
これじゃお互い様もクソもない。
浴場入り口には「生理の方の入浴はご遠慮下さい」とでかでかと張り紙まであり、
そんなヤツまでいるのかと思うと、次くるのを躊躇してしまいます。
でもそうするしかなかったんだろうと思うと・・・
アレだけ良い温泉が沸いてるのに、利用者がこれだと
温泉自体の評価も下がってしまうのが
なんだか不憫だなとちょっと思いました。

温泉自体はとても気持ちが良いもので、わざわざ有馬まで行かなくても、
同等で本物の温泉を近所で味わえるいい所だけに本当に勿体無いです。
私は、ここは平日しか行けない所だという位置づけになりました。

参考URLhttp://www.tsukashin.com/yunokarou/

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

今庄365温泉

何度目かの再訪です。
ここの温泉の魅力は、露天風呂が超開放的で見晴らしも最高というところ。
露天風呂自体はあまり広くなく、山の温泉なので枯葉が沈んでたり虫が飛び込んたりして
キレイなお風呂が好きな方には多少理解できない部分もあるかと思われます。
でも本当にロケーションが最高で、
山あいの真ん中にぽつーんとあるから周囲の山々が一望できます。
しかも殆ど目隠しなしw
下の道路から男風呂も女風呂も丸見えw
でも距離は近くないから実際に裸が見えたとしてもよくわからんです。
前に一度男湯の人が見えましたが、遠すぎて体の部品など見えませんw
それに覗きなどしようもんなら目立ちすぎて無理だと思われます。
ただスキー場の温泉なので、オンシーズンはわかりません。
かなりの広さの駐車場なので、もしかしたらそういうやからもいるかも?
スキーはしないので、オンシーズンには行ったことがないので。。。
ただ、地元民にはやはり丸見えが気になるようで、露天は人気薄のようです。
なので休日でも露天風呂と絶景を独り占めできることが多いです。
今回は到着が日暮れで、山の景色は見られなかったものの、
小雨の降る中、朧満月を眺めて月光からの山の影を見つつの露天風呂独り占めで最高でした。

温泉は単純硫黄泉(アルカリ硫化水素泉)とありました。確かww
加温循環で塩素消毒ありです。
日によって硫黄が濃い日とそうでない日とあるようで、
硫黄濃度が薄い日はヌルヌル感が出てて、
硫黄濃度が濃い日はあまりヌルヌル感はありません。
湯船は内湯露天共少し塩素臭がして内湯の湯口の湯も許容範囲の塩素臭が少しします。
内湯は多分、循環と源泉が混ざった状態で注がれてると思われ。
露天の湯口(上部の泉?の湧き出しからの流れ落ち)のほうはいつも塩素臭は全くなし。
わずかに温泉らしい香りがします。でも硫黄の香りではないような。。。??です。
硫黄臭はいつも浴場では感じられないけれど、
硫黄が濃い日は浴後に肌から硫黄の香りが立ち上ってきて、
当然銀系のアクセ類は黒くなってます。
薄い日は浴後にかなりのサラサラすべすべ感があり、アクセ類は無事w
日によって相当ムラがあるのが難点。
ちなみに露天ではたまに湯の花もあるそうです(地元のおばちゃん談)

女湯を出たところに飲泉用カランがあり、ひしゃくが置かれています。
そこからの温泉は硫黄臭がします。
ちなみに不思議な味ですw

入り口はフロント形式。
靴箱は棚になっており、靴ロッカーは有料で100円。
設備は男湯女湯で、内湯、露天、水風呂、カランが10個ほど、立ちシャワー二つ、サウナ。
サウナ内にはテレビがあり、タイマーもあります。
シャンプー、ボディソープ、石鹸完備。
露天へは内湯横のサッシのドアを通って階段を降ります。
階段は滑りやすく、大きい石をコンクリートで固めたもので安定悪く踏み外すキケンあり。
夜はライトも抑え目なので見にくい。
浴場入り口に冷水器あり。
ロッカーは無料で、背が高く上から下までのサイズで、開けると中にハンガーが三つ。
服を折りたたまず入れられるので、冬場のスキー客の衣服も入れやすそう。
半分サイズのロッカーもあり、脱衣カゴもあります。
脱衣場は少し狭いのが難点。混んでるときには靴下は外で履いたほうがいいかも。
パウダールームには洗面台とティッシュあり。
無料で消毒済みの貸し出しブラシがあり、ドライヤーも無料。
貸し出しブラシの隣に歯ブラシセットの自販機あり。利用しないので値段は不明w
温泉施設の隣にレストランがあり、休憩スペースから直接行けるようになってます。
休憩スペースが喫煙エリアも兼ねているので嫌煙者は要注意かも。
マッサージ師もいるし、マッサージ機もある。

大人500円、営業時間は11時から21時30分。
定休日は不明・・・入り口に看板があったけ意味がわからなかったw
殆ど無休のようだけど、平日行くなら確認したほうがいいかも?

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

温泉、スー銭に目覚めた女

ですw
趣味は温泉と釣りとクルマとビーズ細工です。
一貫性ありませんw
このブログは温泉を中心に書いていきたいと思ってます。

んなわけで、暇さえあれば温泉やスー銭、岩盤浴へ行くことを考えてますw
一番のお気に入りは今庄365温泉。
釣り好きで若狭のほうへは何度も行ってて、帰りに何度か行ってますが、
いつ行っても好きですw
どんな温泉かは温泉の記事を見てください。

尼崎在住なので行ける範囲はタカが知れてますが、
ここ界隈にもなかなか良い温泉がわりとあるようで。
にわか温泉ファン&貧乏だけど、温泉ネタを中心にやっていこうと思ってます。
ほとんど自分の覚書みたいなものですが。。

超ロングの髪型なので、髪に良い温泉も求めてます。
髪に良さそうで人が少ない温泉では手桶で汲んで髪にざーっとかけちゃいます。
マナー違反かしら。。。とは思うものの、髪にも温泉のご利益が欲しいのです。
硫黄ニゴリ系や炭酸系とラドン系はヘタすると髪が痛むそうですが、
アルカリや重曹系は信じられないくらい髪がツヤツヤでツルサラになります。
向き不向きもあるかも知れませんが。
今、愛用してる温泉水は今庄365ですw
だって好きなんだもんw

妙な温泉は関西にだって点在してるようで。
中には混浴とかもあるみたい。
さすがに混浴はちとアレなのでパスですが、
そういった温泉にも足を運びたいと思ってます。

テーマ : ブログはじめました! - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。