スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天橋立温泉 天橋立ホテル

温泉博士に載ってたので行ってきました。
通常、外湯の入浴料は1200円とちょっとお高めですが、温泉博士利用なのでタダですw

わーいタダ風呂~~~♪と思って行ったのに、駐車場1000円て・・・
あんまりなので、近隣の有料駐車場へ。終日600円が相場です。
雪が積もっていて、路面は除雪されてて雪も解けて大丈夫だったのですが、
歩道は除雪の雪で歩けない状態。
そこらじゅう雪山が堰止めしてるので、仕方なく車道と歩道を行ったりきたり。
雪が降ると大変だぁなぁと思いつつ、足元ぐちょぐちょになった・・・
でも200メートルほどの距離をそうして歩いていって400円やすくなるならなんてことはないw
ついでにちょっと寄りたいところもあり、更に足元がぐちょぐちょにw
しかもせっかく行ったのに閉まってた。

気を取り直して温泉へ。フロントでハンコを貰って、2階の大浴場へ行くと、
お風呂の入り口はぴっかぴかのフローリングでバッチリ掃除が行き届いており、
外の靴で上がってっていいのかな(汗)って思うほど。
脱衣場へ入ると、湯上りの団体おば様たちがひしめき合ってた(汗)
ロッカーを探して歩こうとするものの、誰も譲る気ナシで進めないww
でも、このおば様たちはこの後出るだけだし、少し待てば空くなぁと思って、
お風呂場前のベンチでケータイいじりつつ待ってみた。
数人出て行った後戻ってみると案の定、ロッカーはガラガラで皆パウダースペースへ移動してた。
浴場入り口に一番近いところにロッカーをとれた♪

もしや、お風呂はガラガラ?と思って入ったら、誰もいない・・・w
脱衣場はあんなに混んでたのに、お風呂場は本当にだーーれもいない。ワタシ一人っきりww
めちゃ嬉しい
ホテルの大浴場ということもあって荷物置き場はなかったけど、
貸しきり状態だし気にしない♪
温泉で貸しきり状態は山乃湯以来だ~。
それだけでテンション上がりまくったw
内湯も露天も全部温泉のようです。
入り口付近に蒸し風呂とミネラルたっぷりの飽和食塩水を蒸発させているというソルトビットがあり、
内湯は大浴槽と、それに繋がって寝湯と座湯、
露天には小さめの浴槽と、源泉掛け流しのつぼ湯がありました。
このつぼ湯、加温加水塩素投入も何もナシの掛け流しらしいけど、
湧出温度は32℃で、今の時期は外気に冷やされてめちゃ冷たくなってました。
普通に水風呂状態です。
冷たくて入れない
泉質は含弱放射能・鉄ナトリウム塩化物泉だったかな?
色は薄い金色のにごり湯で、入れないのがものすごい悔しかった。
舐めてみると塩辛い温泉でした。

浴室は全体的にこじんまりしたサイズで、露天風呂は少し広いバルコニーにお風呂があるような感じ。
ウリはオーシャンビューの展望風呂ということで、確かに海は見えました。
でも。。。。。ほんとに海と空と水平線しか見えないww
オーシャンビューって、まんまオーシャンだけw
まあ。。今は冬だし、夏は雰囲気あっていいのかな?
冬の日本海って風情はあるけど海だけ見てたら鮮やかじゃないから辛気臭いだけだしねw
それでもせめて陸の景色も少し混ざっててくれないと、なんだかよくわからんと思ったのは私だけだろうかw
ちなみに露天風呂は浅く、底に座っても肩が出るので、
この時期のせいでやたら肩が冷えて露天の長湯はできませんでした。

しかし掃除は行き届いており、近畿一円ではここしかないというソルトビットがあるということで、
1200円は高いけど、ホテルの浴場としては悪くない施設でした。
でも自腹では・・・行かないw
私は終始貸しきり状態だったけど、なんとなく落ち着かず、長湯する気になりませんでした。
別に湯温が高いとかじゃないのに、なんでだろう。
つぼ湯も、湧出量が毎分80リットルと少なめなのに源泉で提供してるところが
温泉ホテルのプライドを感じました。
なのに・・・悪くないけど、好みに合わないところでした。
つぼ湯に入れなかったストレスかしらw
好きな人は通いたくなりそうな場所かもしれません。

参考URL→http://www.amanohashidate-htl.co.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

奥飛騨温泉の湯の花

おうちで温泉大作戦第二弾w
今回は奥飛騨温泉の湯の花(お取り寄せ)ですw

年明け早々にネット通販の注文でげっちゅ♪
使用方法にはそのまま大匙2杯を湯船にぶちこめ(?)とあったのですが、
やはり天然なので砂や小石や溶けないもので浴槽の床がザラザラしそうでいやなので、
今回も百均で買ったお茶パックを使用。
こいつ、買った当初はお茶の煮出しにと、まっとうな使い道を予定されていたのに、
いつの間にか我が家の湯の花風呂専用に成り下がったw

で、湯の花いりお茶パックを湯船で揉むと、乗鞍のときよりスムーズに湯の花が解けた。
香りは・・・微妙だけど温泉っぽい♪よかですばいw
んで、先日珍しく兄が泊まりに来てたので、この湯の花の一番湯は兄にプレゼントした。
どおー?と聞いてみると、すげぇすげぇとなんだかすごく喜んでいたw
お風呂から上がっても全然湯冷めせず、汗っかきの兄は汗が引かないと困っていたw
へへっ、ざまあww

後日、私も味わってみたら、けっこう良い感じ。
あったまるぅ~~~いいです。かなりw
本物の温泉と違うからヌルヌル感とかはないけど、やっぱり湯の花は手軽で良いわぁw

乗鞍は硫黄臭がするからパンチがあるけど、こっちはかなり刺激も少なめ。
湯上りすべすべで気に入った~。
浴槽の汚れもついでに落ちるそうで、浴槽を流すだけできれいになった。

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

やまとの湯 今津店

実家からすぐのところにあるスーパー銭湯。
以前から一度行ってみようと思ってたところ。

入ってみると、普通のスー銭。超普通w
まあ、全国チェーンだし・・・・w
値段も830円と少々高め。
平日と休日の値段差があり、平日ならまだもう少し安めだけど、
それでもつかしんのコストパフォーマンスと比べたら高いと感じた。

泉質は見た目は普通の透明。
ぱっと見は黄色っぽくみえたけど、よく見ると単に浴槽のタイルが生成り色だっただけだったw
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉だそうだけど、循環のため炭酸は全く感じません。
ヌルヌル感は微妙に感じる程度。
何にせよ、循環で個性が失われてしまった湯といった感じ。
しかも、回転をよくするためか、やたら温度が高い。
長く浸かっていられない。
ただ、全ての浴槽に循環で温泉を使用してるみたいで、
機能バスの浴槽のふちにも析出物がこびりついていた。
しかし、それでもこれじゃ830円は高すぎる・・・・

しかし、サウナはよかった。
ハーブミストサウナとタワーサウナがあり、ミストサウナは本当に蒸気のミストで、
噴霧器の噴射ではなく雲の中に入ってるような感じ。
噴霧器のミストサウナは顔に湯が掛かるし、それならお風呂に浸かるわ!って思ってしまうけど、
ここはきちんとした蒸気だし、湯気だから当然室温もきちんとあって、
かすかだけどハーブの香りもあり、なかなか良かったです。
タワーサウナは敷きタオルでまたイヤな気分になりそうな予感がしたから、今回は入りもしなかったw

温泉で温めてミストサウナで汗をかき、シャワーで流してから座湯でまったりして、
露天で湯冷まししてと、せっかく払った830円が無駄にならぬよう、
かなり工夫して1時間半の長湯をしてきたw
湯温を高くしたってアタシは負けないぞっ!w

帰り際、入り口にちっこい源泉の噴水を発見。
触ってみると生ぬるいw
感触は浴槽の湯よりヌルヌル感があり、こちらは本当に色がついてるようだった。
嗅いでみるとしっかりとした金気臭と硫化化合物臭もした。
なんだ、源泉はめちゃ良い湯やん!!
かわいそうに循環濾過でかなりくたびれてしまったみたいです・・・
湧出量が毎分480リットルなら、機能バスを白湯にしたら掛け流し浴槽も作れなくはないのになぁ。
個性ありそうな温泉だけに、残念な気分になった。
そしてこの湯の掛け流しに入ってみたいなぁと切に思いました。

参考URL→http://www.yamatonoyu.co.jp/all/imazu/menu01.html

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

草山温泉 観音湯

兵庫県篠山市の福知山に近い山間いにある湯治場のようなところでした。

先日雪の日に、ってゆっても今年はずっと雪ばっかだけどw、
濁り湯でのんびり静かに雪見風呂がしたいと思って、
週末でも山間いなら雪が積もれば人が来ないかも、と探して行ってきた。
目論見ばっちりアタリ~
ガラガラとまではいかないけど、やはり雪のせいか週末にしては少なめの人出で、のんびり入れました。

建物は温泉というより、少し新しめの公民館か多目的ホールのよう。
なぜか金色の観音様の像があり・・・観音湯って名前はこれがあるから?っていうか、何の理由?w
温泉って、薬師って名前がつくのはよくあるしなんとなく薬とつけたくなる気持ちもわかるけども、
観音って・・・・・・なんで?w
きっと館内のどこかに名前の由来が掲示されていたのかもしれないけど、
興味がないのであっさり見落としてますw

脱衣場は超湯治場っぽい。最近のスー銭にありがちな23インチのテレビ画面くらいのサイズのロッカーじゃなくて、
普通に縦長の2Mサイズ。だから着てきた上着も中のハンガーに掛けられて、使いやすかった。
さらに、ロッカー以外に脱衣籠もあり、団体様御一行も対応可能になっていた。
私は当然ロッカー使用w

浴室は換気が十分でなく視界3メートル程度w
いくらなんでも危ないぞこりゃ・・・と思いつつ、カランで体を洗い、温泉へ。
しかし私物置き場がない・・・かなりうろついて探したが見つからない。
カランの場所取りが多いのはそのためか。
場所取りは嫌いなので、カランの塀の上の隙間に置いた。

まず白湯に少し浸かり、温泉浴槽へ。
温泉は内湯と露天とあり、露天のほうが少し温めだった。
泉質は含鉄・ナトリウム-塩化物強塩泉。
色は赤茶色で、よく見ると無数の赤墨色と茶色の細かい湯の花が舞っており、
それが色の元になってるようです。
においは・・・薬品を混ぜたような、あまり良いとは言えない独特のにおい。
私のスキル足らずで、塩素が混ざってるからなのか、単に温泉だけのにおいなのかまでは嗅ぎ分けられませんでしたw
舐めると塩辛く、鉄の味がした。
ヌルヌル感はないけど、上がると湯の花が肌に細かく残ります。
においは好みではないにせよ、それまで降って積もっていた雪を見ながら、
濁り湯の露天でのんびりできて幸せでしたw
狭いながらも一応サウナもあります。
相変わらず、ここのサウナも敷物の交換はマメにしてる形跡はありませんでした・・・・
いや、きっといつもタイミングが悪いんだろうw
露天で湯アタリして、最後に内湯の温泉浴槽に浸かってから、出ました。
湯村や京都の天翔ほどではないけど、とても温まりました。

団体様御一行も来るところのようなので、タイミングが悪いとのんびりどころじゃないみたいですが、
混み具合にはムラがありそうなので、運がよければのんびりできるみたいです。

参考URL→http://観音湯.jp/

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。