スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯村温泉 薬師湯&荒湯

ネットで見て行ってみたい!!とずーーっと思ってた湯村温泉へ先日とうとう行ってきました。
メチャ遠かった!

何故行きたかったかというと。。。
各家庭に供給されるほど湧出量が豊富な上に温度が98℃という高温だから、
湧出場所でゆでたまごができるという触れ込み。
すっげ面白そーーー♪イロイロ茹でてみたいぃw
野菜を茹でたりもできるそうな。

着いたらそこはこぢんまりした温泉街。
有馬の半分ほどの規模で、休日なのに人は少なめで動きやすかった。
ただ、駐車場が遠かった。。w
駐車場から階段を降りて向かうのだけど、ごつごつした石段でピンヒールを履いてたから何度も踏み外しそうになった。
ここの立ち寄り湯は薬師湯とリフレッシュパークゆむらがあって、前者は共同浴場、後者は水着着用の健康ランド的な場所。
で、私は薬師湯が目当て行ったのだけど、まずはゆでたまご♪のために薬師湯を横目に荒湯へ。

荒湯は湧出そのままの場所に囲いをしたりして、観光や地元の方が熱湯を使いやすいようにしてあるところ。
熱湯が地下から湧き出しており、真冬にもかかわらずぽかぽかしてて、もうもうと湯気が立ち、温泉の香りがしてて、そこにいるだけで空気で癒されそうなところでした。
混んでたらそうはいかないだろうけどw
さっそく傍の売店でネット入り卵を購入して吊るしてみた。
yumura1.jpg

真ん中が私のつるしたたまご。
地元の方や観光の添乗員さんなんかは隣のたまごみたく、一気にがばっと茹でてます。
灰汁が出るものは吊るさないで下さいと書いてあるけど、出なければいいみたいで、
他にもジャガイモやタマネギ、大根なんかを茹でてる人も発見w
大根は味噌付けたらすげーうまそう。。。w
と思いながらもたまごしかないので、たまごでガマンw
茹でてる間、暇つぶしに足湯近辺を散策した。
荒湯は川沿いにあり、階段を降りた川岸に足湯があった。
yumura2.jpg

地元は晴れてたのにこちらは時雨模様で、ベンチが濡れてたために足湯は味わえなかった。
足湯の後ろ側にはカニや山菜などの灰汁が出るものを茹でられる場所があったけど・・・・ダレも何も茹でてなかったw
荒湯の掛け流しの場所っぽい。
足湯も荒湯からの掛け流し・・・かな?って感じ。
ここもけっこう暖かい。

自然湧出ということで、河原から温泉が湧きだしてる所みっけ。
yumura3.jpg

夏には子供が遊んでヤケドする事件が起きたそうな。
この看板の真下周辺からぽこぽこと湧き出してる。ステキです、こういうのツボです(>_<)
恐る恐る付近の砂を触ってみると、あったかい。温泉♪
一通り楽しんだところで、たまごへ戻った。
10分ほどで立派(?)な温泉たまごのできあがり♪
たまごの水掛け場に飲泉できるところがあったので、せっかくだから飲んでみた。
無色透明で硫黄の香りがして、口当たりはまろやかで味は蕎麦湯みたいな感じ。
めちゃうまい♪幸せな味w
沢山飲んで満足してから、茹でた野菜が無性に欲しくなり、結局サツマイモを買って吊るしました。

たまご5個入りで塩とネット入りで200円、サツマイモはネット入り3本で300円。
観光地によくあるボッタクリじゃないとこが嬉しい♪
売店のお姉さんが、「サツマイモは30分くらいかかるから、薬師湯に行くなら面倒みといてあげるよ」って言ってくれたので、お言葉に甘えて頼みました。

そして待望の薬師湯へ。
ここは入湯料300円という超激安温泉なのです。
その辺の銭湯でも380円するのに、300円。頑張ってますねぇ。

こちらもなんだか空いててラッキー♪
芋洗いを覚悟してただけに儲けた気分だった。
入ると管理のおばさんが
「温泉が熱いから白湯のジャグジーのほうを少しぬるめにしてあるので、今日は寒いからいきなり温泉に浸からないで白湯で少し温まってから温泉に入って下さいね」と。
多少熱い湯はへっちゃらなほうだけど、わざわざ言ってくれるということはそれなりなんだろうと期待して浴室へ。

体を洗ってから白湯で数秒温めて温泉へ浸かった。
泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉。
浸かってみるとなるほど、なかなかの熱さ。。。w
白湯に浸かっておいてよかったと本気で思ったw
芯までじわじわ温まるんじゃなく、ぐいぐいと温度が伝わってくる。
こんな挑戦的な温泉は久しぶり。
「どうだ、これでも浸かっていられるか?フフフ」という感じ(謎)
湯温自体はめちゃくちゃ熱いわけじゃないのに、すぐにボッと温もる温泉。
湯船のヘリで湯冷ましをしたけど、間に合わないw
水風呂がないからどうしようもなく、結局3度程浸かったところで降参。。
まさかの泉質に驚きました。
水でうめてるはずなのに全然威力を失ってないところがすごいw
肌触りはぬるぬる感や泡つきはなく、見た目は超普通のお湯なのに・・・

脱衣場で常連のおばさんと管理人のおばさんが話してて、今日の湯温は42℃だったそうな。
42℃でアレかよ。。。w
体感温度は明らかに44℃はあったような。
平日は地元の常連さんのために44℃くらいに設定してるんだそうで。。。
42℃でアレなら44℃なんてそれこそスーパージョッキーの熱湯風呂状態やん!!w
すごいわ・・・
湯上がりは超さっぱり。あーすっきりぃって感じの気持ちいい温泉でした。
そして真冬なのに、薬師湯を出たとき涼しいと思ったw

で、サツマイモを受け取り、もう一度温泉を飲み、帰路へつきました。
帰りの車の中でさらにその温泉の威力を知った。
サツマイモが完全に冷めるまで2時間以上かかった。
別に保温してたわけじゃなく、普通に車の中の空気に晒されていたのにも拘らず。
サツマイモは温泉が染み込んでホッカホカでジューシーで最高に美味しかった。
たまごよりサツマイモのほうが美味しかったぁ。
次行くときは大根と田楽味噌を持っていくぞ!w



荒湯の設備は温度が少し低めと高めと2段階用意されて、石柵の上に吊るす用のクギをさしてあり、ネットに入れて何でも吊るせるようになっています。持って行くもよし、売店で買って吊るすもよし。ただし、灰汁が出るものはダメと注意書きがあります。灰汁が出るものは河原の足湯の横に専用の場所が設けてありました。

薬師湯の設備は蓋のない下駄箱があり、ドアのほうに少しだけカギ付きがあります。カギつきは無料。脱衣場のロッカーは何故かカギがないので、貴重品は有料のロッカーを使用します。ドライヤーは有料でパワーが弱い。浴場はカランが10個ほど、ジャグジーの白湯と温泉の大きな湯船の二つ。シャンプーリンス石鹸はナシ。家族風呂もあるようだけど、高いみたいです。入湯料300円、朝7時から夜10時半まで。

参考URL→http://www.yumura.gr.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

COMMENTS

九州の温泉も紹介しなっせ

色付きの文字
実は温泉大好きだ。
長野の温泉にも行ってるやんv-15ふ~んv-24
私も湯の花ってやつ欲しい。この時期は体の芯から温まるヤツが欲しいんだ。バブ入れてるけどCMみたいにはないもんなぁ。硫黄の匂いってオシッコの匂いやん?長野のオシッコの匂いが好きなんだ。長野の人(特定)のオシッコが好きなんだv-10アレ?そんな趣味やったっけ?w

ぉぃw

いくらローター中毒だからってHNにまで使うなw
ここはそういうサイトじゃねぃw
消すか残すか、すげぇ迷ったやんけ。

九州はねー、遠いからねー。一度も九州は行った事がないのでね。
今のところ予定もないね。残念ながらw
あ、自家用ジェットで送迎してくれたらいくw

しかし、硫黄ってオシッコのニオイじゃないと思うけど。
それならゆでたまごもオシッコやん。ダメやんw
アタシ別にそういう趣味じゃないしv-8
このブログにある長野の温泉はね、去年の3月くらいよ。
湯の花最高だったv-238

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。