スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草山温泉 観音湯

兵庫県篠山市の福知山に近い山間いにある湯治場のようなところでした。

先日雪の日に、ってゆっても今年はずっと雪ばっかだけどw、
濁り湯でのんびり静かに雪見風呂がしたいと思って、
週末でも山間いなら雪が積もれば人が来ないかも、と探して行ってきた。
目論見ばっちりアタリ~
ガラガラとまではいかないけど、やはり雪のせいか週末にしては少なめの人出で、のんびり入れました。

建物は温泉というより、少し新しめの公民館か多目的ホールのよう。
なぜか金色の観音様の像があり・・・観音湯って名前はこれがあるから?っていうか、何の理由?w
温泉って、薬師って名前がつくのはよくあるしなんとなく薬とつけたくなる気持ちもわかるけども、
観音って・・・・・・なんで?w
きっと館内のどこかに名前の由来が掲示されていたのかもしれないけど、
興味がないのであっさり見落としてますw

脱衣場は超湯治場っぽい。最近のスー銭にありがちな23インチのテレビ画面くらいのサイズのロッカーじゃなくて、
普通に縦長の2Mサイズ。だから着てきた上着も中のハンガーに掛けられて、使いやすかった。
さらに、ロッカー以外に脱衣籠もあり、団体様御一行も対応可能になっていた。
私は当然ロッカー使用w

浴室は換気が十分でなく視界3メートル程度w
いくらなんでも危ないぞこりゃ・・・と思いつつ、カランで体を洗い、温泉へ。
しかし私物置き場がない・・・かなりうろついて探したが見つからない。
カランの場所取りが多いのはそのためか。
場所取りは嫌いなので、カランの塀の上の隙間に置いた。

まず白湯に少し浸かり、温泉浴槽へ。
温泉は内湯と露天とあり、露天のほうが少し温めだった。
泉質は含鉄・ナトリウム-塩化物強塩泉。
色は赤茶色で、よく見ると無数の赤墨色と茶色の細かい湯の花が舞っており、
それが色の元になってるようです。
においは・・・薬品を混ぜたような、あまり良いとは言えない独特のにおい。
私のスキル足らずで、塩素が混ざってるからなのか、単に温泉だけのにおいなのかまでは嗅ぎ分けられませんでしたw
舐めると塩辛く、鉄の味がした。
ヌルヌル感はないけど、上がると湯の花が肌に細かく残ります。
においは好みではないにせよ、それまで降って積もっていた雪を見ながら、
濁り湯の露天でのんびりできて幸せでしたw
狭いながらも一応サウナもあります。
相変わらず、ここのサウナも敷物の交換はマメにしてる形跡はありませんでした・・・・
いや、きっといつもタイミングが悪いんだろうw
露天で湯アタリして、最後に内湯の温泉浴槽に浸かってから、出ました。
湯村や京都の天翔ほどではないけど、とても温まりました。

団体様御一行も来るところのようなので、タイミングが悪いとのんびりどころじゃないみたいですが、
混み具合にはムラがありそうなので、運がよければのんびりできるみたいです。

参考URL→http://観音湯.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。