スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白骨温泉 泡の湯(&ちょこっと野天風呂)

20080930115549.jpg
乗鞍から白骨へ向かう途中の有料道路(だけど無料開放w)から白骨へ向かっての一枚。
ちょろっと見えてる建物が白骨の集落です。
見渡す限り、山・木・草w
信州の山は高いから迫力あります

白骨へついてすぐの駐車場で、先に止まってた車のオーナーが
外に出てタバコをプカプカやっていた。
40代半ばのちょっとタイプなカオのオッサン。
車を停めたら目が合って、なんか興味深そうにこっちを見ている。
もっすごいハンパなくめっちゃ見てるw
まったく知らないオッサンなのにあまりにもじっと見るもんで、
タイプなカオじゃなかったら窓開けて「なんすか?」って聞くんだけど、
タイプだったからそれもできなかったので、
ソイツが立ち去るまで車の中でケータイいじって我慢した。
立ち去るのを確認後、車を降りた。

「泡の湯、野天風呂こっち→」のでっかい看板を確認して、
日帰り入浴受付へ行った。
外湯は泡の湯旅館の裏口から入るようになっていた。
入り口でおばちゃんがタオルがあれば800円、なければ1000円というので、
一応タオルはありますが・・・と言い、800円を払って入った。
すでに他の温泉で体は洗浄済みだったから、掛け湯だけでいいかと思って、
何も考えず&知らず、一直線に名物の野天風呂の入り口へ。
女性の野天風呂の入り口は女風呂からは離れており、「?」って感じだったけど、
あまり深く考えず、脱衣場へ。
準備万端(いつもどおりのお風呂に入る体制ってことでマッパw)で、いざ露天!と
扉を開けたら・・・
いきなり階段があり、それがお風呂の底まであるようだった。
木の塀で囲まれ周りが見えないようになっていて、
外へ出るには浸かったまま暖簾をくぐるようになっていた。
その暖簾には・・・
「こちらより先は女性専用エリアになります」(だったかな)
と裏側からでかでかと書かれているのが見えた。
混浴でした・・・・・
何も知らずマッパで入ろうとした
暖簾の隙間から外を覗いたけど誰もいなかったがせめての救い。
ただ、白骨独特の青味を帯びて白濁した湯が静かにありました・・・
そうか!あの駐車場のオッサンは混浴に女一人で来たヤツがいると物珍しく見てたのかorz
とわりとどうでもいい謎が解けました

あわてて戻り、受付のおばちゃんに聞きに行き、
「知らんかった、ショックやぁー」と関西人バリバリで訴えたら、
「大丈夫、内湯のほうがいい湯だから、
温泉好きならそっちのほうがきっと満足できるよ」って
慰めてくれました。。。。。

で、改めて内湯へ。
入って驚きました。
以前白骨で入ったときは白濁しか味わわなかったので、気づきもしなかった。
ここは炭酸泉で、泡の湯の内湯には炭酸がそのままで酸化もしていない
まっさらの湯があふれていました
少し説明すると、にごり湯の温泉っちゅぅのは酸化して初めて色が出るので、
湯の花は酸化したときにできた温泉の結晶なのであります。
白濁や茶濁といった透明じゃない湯はその色自体が微細な湯の花で、
成分の量で程度は違うけど、酸化するほど色が濃くなります。
さっき野天で酸化しきった湯を見た直後だっただけに、
逆にそのまったくの無色透明さが、驚きと感動を与えてくれましたw
水面には炭酸がプツプツと気泡をはじけさせ、
糸くずのように白く固まった湯の花がそこここに舞い、
たっぷりの硫黄の香りがし、静かに溢れておりました。
ヤバイです。これは一刻も早く入らねばなりません

入ってすぐに無数の炭酸の泡が体に着いてきます。
払っても払ってもすぐに体中泡だらけ。
加温加水なしの純粋な掛け流しなので温度は39℃弱と少しぬるめで、
もー何時間でも入っていられそうでした。
湯口はお風呂の中に沈められており、炭酸が失われることなく、
酸化することもなく、地中から湧き出した時のままの湯を味わうことができました。
設計者様でかしたって、野天なんてもういらねーって、そんな感じw
内湯は仕切りがあり、片方は加温されて湯口が水面より上にあってざーっと流し込んで
酸化させ白濁した有名な白骨の白濁湯がありました。

交互に入ってぼーっと考え込んでしまいました。
そういえば地元の知り合いが、
「20年ほど前は誰も寄り付かない未開の地だったんだよ」って言ってました。
湯の良さを訴えるより、数少ないキレイな白濁湯として有名にするほうが
手っ取り早かったのかなぁ。
入浴剤入れなくてもキレイな白濁なのに。
こんなにすごい湯、日本中探しても殆どお目にかかれないと思います。
硫黄泉と炭酸泉が好きな方は一度はいってみるべき場所です。
その両方の特徴が顕著に出ていました。
ほんとに気持ちよかったです。

絶対、また行きます!
次はもっと思いっきり長湯してやる
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

COMMENTS

No title

すごいなコレw
でもさ混浴ってマッパで入るもんじゃないと?水着なんか着て入るのか??

タイプのオッサン。一緒に入る気やったんやろね~wwオッサン命拾いしたよねっ。プッw

No title

混浴マッパ趣味の女なんてアナタくらいですわw
九州はそういうの多そうね。困らないでしょー?w

普通は水着可orタオル巻き巻き可ですよ。
裸じゃないとダメな混浴なんて、女は入るなって言ってるのと同じやん~。
なんかそんなん許されへんi-180

一緒に入る気かどうかは知らんが、相当珍しかったんでしょ。
水着不可タオルのみ可の混浴に女一人なんてそりゃ珍しいよ・・・w
知ってたら私もジロジロ見てまうw

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。