スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩素は善か悪か

私、以前は塩素入り温泉と聞くと、
なんだかがっかりしてしまうことがありました。
でも、あることをキッカケに塩素投入は
とても大事なことであることに気付きました。

温泉に混じって塩素臭がする。
という温泉はわりと多いです。とくにスーパー銭湯となると殆どがそうです。

源泉掛け流しで泉質最高!と聞くと温泉好きは多少遠くても行きたくなるものです。
ネットのBBSの口コミやブログ、日帰り温泉の雑誌も多い昨今、一昔前は傾いていた秘湯も今は人でごった返してたりします。
秘湯だ掛け流しだと喜んで入ったものの、わずかな塩素臭を感じ取り、ニセモノだ!嘘つきだ!と騒ぎ立ててる人をちょくちょく見かけます。
塩素=悪と考えてるからなのでしょう。
そういう記事や書き込みを見るたびに、騒ぐ前に少し考えればわかることなのに、なんでだ?と不思議に思います。

銭湯は当然のこと、温泉だって普通は公衆浴場という位置づけのはずです。
そして水道から流れてくる水が何故塩素殺菌されてるか。
答えは殺菌消毒するため。

では何故に温泉に必要なのか。
入浴者数が少ない掛け流しなら殺菌の必要がないのはわかりますが、いくら掛け流しでも同じ浴槽に10数名が同時に入浴していればやばいと思いませんか?
最近はレジオネラ菌に視線が集まってるようですが、人間の体の表面は雑菌まみれです。
浴槽に浸かるたびに雑菌を持ち込んでるのと同じです。
掛け流しの温泉でもその割合が高くなれば、ヤバイ感染症を引き起こす割合も増えます。
掛け流しなら汚れた湯が出て行くからいいじゃないと思うかもしれませんが、新しい湯だけが残るわけではありませんので、掛け流しても無理!って時もあります。
だから塩素殺菌が必要になるわけです。

雑菌まみれで殺菌もされていないお風呂は怖いと思いませんか?
いくら浴槽を磨いて殺菌しても、営業中は次々とヨゴレが持ち込まれていきます。
温泉に入って気持ちいい思いをする以前に、私たちは衛生面での絶対的な安全性を信じて行くわけで、施設側はたとえ前者を多少犠牲にしたとしても後者の信用を反故にすることはできないのです。

いくらドバドバ掛け流されていても浴槽が芋洗い状態じゃ塩素投入は仕方がない。
最近は休日の混む時間帯だけ塩素投入をしている施設もあり、それは仕方がないことだと私は思います。

なにより、いくら気持ちいい気分になったとしても死にたくないですからw
そんなん腹上死と一緒ww
勘弁して欲しいので、必要なとき必要な量の塩素を入れている温泉はむしろ正しい姿勢ではないかなと私は思います。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。